443営農とは



443営農 春 桜


経営理念

モットー

種の一粒から、ご飯の一粒まで責任をもって一元管理!
何事も即実行!小豪を目指す!
お客様に対して
  安心安全なものを、安定供給安定価格で!



昔からの米の直売農家
現在米の直売がブームが、メインになっていますが、
443営農の直売は、今に始まったわけではありません

もともと、443営農は自分で作ったお米は自分で売るという
飯米百姓が、どんどん拡大し、今に至りました

ですから、昔は減反政策にも反対し、
全ての田んぼにお米をつくっていたこともありました

当時、農協出荷が当たりまえであったことから
まわりの農家からは、
農家の風下にもおけん!等といわれたこともありました

しかし、今では米が自由販売になり、
米の消費者への直売は米農家として生きていくための
必須条件となりつつあります

今となっては、先をよんだ行動であったと思うことがあります




443営農の沿革 事業内容
H7まで 草野好美、中学のころ、父親を亡くし、中学卒業とともに
郵政公社に勤める
そのかたわら、家の百姓をする
S50頃、滋賀クボタ湖北営業所が発足するとともに、
営業マンとして入社する
S60頃から徐々に田んぼの請負が増えはじめる
H7 長男が独立し、田んぼの請負面積が8ha程に
なったことから、滋賀クボタを退職し、
443営農として、専業農家となる。
H12 長男 竜也が公務員を辞め、443営農に就農する
当時 経営面積14ha
H18 米穀検査指定場所の所得(滋賀県農産物検査組合第56号)
H20 無人ヘリ請負防除開始
H28  現在経営面積23ha
H28.9  だいごみ、商標登録、登録第5881636号
米穀(うるち・もち米)の生産生産・販売
水田作業受託全般
無人ヘリ請負防除
水稲苗の販売
米穀の乾燥・調整

米穀の集荷・検査
 

443の意味
443ってどういう意味って
よく聞かれます

農家番号?番地?など
さまざまな質問がありますが・・・、

じつは、父親の名前、
好美(よしみ)を
443と名づけたのでした



TOPへ

443営農のお米 だいごみ
www.daigomi−443.com
〒526−0213 滋賀県長浜市醍醐町66 443営農
E−mail mail@daigomi−443.com
Copyright(C) 2005-2012 Tatsuya Engineering All Rights Reserved.