平成30年
栽培品種のご紹介!

よく、お米はどんな品種を作っているんですか?
と皆さんや農家の方々から聞かれることがあります

兼業農家なら、湖北ではコシヒカリが大半ですが、
栽培面積が多い専業農家が、ひとつの品種を全部作ってしまうと、
収穫が適期に対応できない問題がありますので、他品種栽培しています


443営農の栽培品種
品種 生まれ コメント
コシヒカリ S31.福井農試 言わずと知れたお米の王様、日本一の生産量を誇る、粘りと甘みをかねそなえた良食味米
だたし、病気に弱い、肥料を多くやると倒れる、台風に遭うと倒れる等、栽培は難しい
キヌヒカリ S63.北陸農試 祖々父にコシヒカリをもつ、コシヒカリの難点を改良したお米
粒張りがよく良食味米、一時は滋賀県が生産量1位であったが、最近は下降気味
作付け量は減少したが、相変わらず人気が高く、品薄状態
どんとこい H7.北陸農試 キヌヒカリを父に持つ、食味計では時折りコシヒカリを抜くこともある良食味米
滋賀県の栽培奨励品種ではないが、多くとれ甘みがあって人気が高いことから443営農では主力品種のひとつ
 きぬむすめ  H16.九州農研  キヌヒカリの後継品種、温暖化のリスク対策米
あきたこまち S59.秋田農試 コシヒカリの血統、秋田県で開発されたお米だが、東北から九州まで
全国的に栽培されている
443営農では、加工用米(あられの材料)としてJAに出荷
 日本晴 S38..愛知農試   S51は全国作付1位であったお米、倒れにくく、病気に強い
443営農では加工用米(酒の掛米)として契約栽培
 中生新千本  S25..愛知農試 古くからの準好適米
443営農では加工用米(酒の掛米)として契約栽培
滋賀羽二重モチ S13.滋賀農試 全国評価5つ星のモチ米、大変粘りがある、病気に弱く、倒れやすい等栽培は難しい


※草野川沿いの砂地土壌にはコシヒカリ、キヌヒカリ、どんとこいを栽培、
日本晴、滋賀羽二重モチは地力(保肥力)が高いところを好むため、粘質土壌にて栽培


BACK

443営農のお米 だいごみ
www.daigomi−443.com
〒526−0213 滋賀県長浜市醍醐町66 443営農
E−mail mail@daigomi−443.com
Copyright(C) 22018 Tatsuya Engineering All Rights Reserved.